nice edge

テレマークスキーとは

テレマークスキーとは

TELEMARK SKI

オフィシャルサイト

nice edge 実店舗サイト

OFFICIAL WEB SITE

スキーシール張替え

スキーシール張替え

MAINTENANCE

ハイク HIKE WAX  BASE WAX(ベースワックス) 【クリックポスト配送可能】

商品コード:
HIKEBW
販売価格(税込):
1,320
ポイント: 120 Pt
メーカー:
KIKE(ハイク)
関連カテゴリ:
ブランド別 > HIKE(ハイク)
カテゴリ別 > 冬山登山用品 > ワックス
クリックポスト配送可能(送料250円)
HIKEのベースワックスはパラフィンだけで構成され、ワックス専用のアイロンで熱を加える事(ホットワックス)で溶け出し、滑走面に浸透します。
スキー本来の滑走性を持つ下地が作られます。
また、トップワックスに配合されるフッ素、ガリウム、HLは滑走面に浸透しないので、トップワックスの性能を十分に引き出すためには、必ずベースワクシングを行う事が必要です。


※温度帯表記は、マイナス温度は雪温、プラス温度は気温を表しています。


マテリアル : パラフィン
  

1(ブルー)
温度帯 : -25 ℃から-10℃の範囲でパウダースノーを含む全雪質に対応。
トップワックス1の下地として使用します。特に低温度帯に適したシリーズの中で、最も硬めのパラフィンを採用し、強い摩擦に対応します。


2(グリーン)
温度帯 : -12℃から-4℃の範囲でパウダースノーを含む全雪質に対応。
トップワックス2の下地として使用します。温度帯が広範囲に対応するためシーズン中最も多く使われるワックスです。


3(オレンジ)
温度帯 : -6℃から+3℃の範囲でパウダースノーを含む全雪質に対応。
トップワックス3の下地として使用します。比較的柔らかめのパラフィンを採用、シーズン後半、水分を含み始めたコンディションで使用します。


4(レッド)
温度帯 : 0℃から+10℃の範囲でパウダースノーを含む全雪質に対応。
トップワックス4の下地、汚れてしまった滑走面のクリーニング、ニュースキーの下地作りとして使用します。スプリングシーズンの荒目雪、汚れた雪のコンディションで効果を発揮します。


各100g


ホットワックス用のアイロンで溶かして使います。

【作業手順】
1、アイロンで溶かして滑走面に塗ります。
※アイロンを当てすぎないように注意してください。
特に番号の若いワックスは硬いので、なかなか溶けないからと言ってアイロンを当てすぎることが多いです。

2、スクレパーでワックスかすが出なくなるまで、ワックスをはがします。

3、ナイロンブラシで滑走面のストラクチャーに入った余計なワックスを掻き出します。

4、トップワックスを使ったイージーワキシングをします。

※クリックポスト配送可能です。
配送方法をご選択の際にクリックポストをお選びください。
お届けまでに2~4日ほどかかりますので、お急ぎの際は宅配便をご選択ください。

HIKEワックス ホットワックスのやり方

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

ハイク HIKE WAX SCRAPER(スクレパー)【クリックポスト配送可能】

販売価格(税込): 1,100 円

滑走面上の余計なワックスをはがします。
カスが出なくなるまで削って大丈夫です。

ハイク HIKE WAX FIBER TEX(ファイバーテックス) 【クリックポスト配送可能】

販売価格(税込): 990 円

ファイバーテックスで磨きます。
(余計なワックスも除去できます。)
この後、トップワックスを使ったイージーワキシングに移ります。